Newbieの思考

完全なる自己満ブログ。自己否定・自己肯定。ゴールはない…だって自己満なんだもの。

「社会人として」ってなに?って話

 

人々がよく言う

 

「社会人として〜」

 

って決め台詞に疑問を覚えてるのは僕だけだろうか?

 

そもそも、社会人とはなんだろう?

 

Wikipediaによると

社会人(しゃかいじん)は、社会に参加し、その中で自身の役割を担い生きる人のことである。一般的には学生は除外される。 ただし一部の学生も社会人と呼ばれる場合がある。

 

「えっ!じゃあ一般的には学生起業家は社会人じゃないじゃん!!」

 

(一部の学生も社会人と呼ばれる場合がある) 

 

言ったもん勝ちかよ…。

 

まあとにかく、このよくわからない定義を要約すると…

 

「社会的に責任を帯びた人々」

 

だと思っている。

 

僕の独自な要約があるからこそかもしれないが、やはり「社会人として〜」って台詞には疑問しか残らない。

 

「社会的に責任を帯びた人々であるのならば、法的に自己責任が求められる成人から社会人と言うべきではないか?」

 

「そもそも、成人じゃないにしろ人はなんらかの社会に帰属してるのだから全員社会的に責任があるのでは?」

 

って思ってしまう。

 

「社会人としてしっかりしなきゃね!」

 

言い換えれば

 

「社会人じゃないときはちゃんとしなくても平気だよ!」

 

いやそんなことないでしょっ!

 

ここで驚愕の事実

日本語以外の諸外国語では日本で言うところの『社会人』をさす言葉はほとんど見られない。

 

たしかに海外に多少長く住んでた僕は社会人という単語を使ったこともない。

 

ましてや、社会人なんだからの逆言葉である「学生なんだから」って言葉も言われたことがない。

 

別に海外が良いとは思わない(日本ほど住みやすい国を知らない) 

 

しかし、海外の学生の方が学生としてではなくこの概念の中で言うのならば「社会人」として活動的になにかしているように思う。

 

つまりこの決め台詞「社会人として〜」は、日本人が勝手に作った謎の概念が言葉として現れたものである。

 

「こんな言葉があるから日本の国力が下がってるんじゃないの?」

 

などと思想強めな台詞を吐いてこの謎に終止符を打ちたいと思う。